Linuxでのデフォルトゲートウェイの設定

作業はrootで行って下さい。

■デフォルトゲートウェイの追加

/sbin/route add default gw ***.***.***.***

■デフォルトゲートウェイの削除

/sbin/route delete default

■設定内容の確認

/sbin/route

で表示されるdefault行が、デフォルトゲートウェイの設定の設定になります。

(例)

> /sbin/route

Kernel IP routing table

Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface

192.168.10.0    *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth1

133.58.96.0     *               255.255.240.0   U     0      0        0 eth0

169.254.0.0     *               255.255.0.0     U     0      0        0 eth1

default         cisco7.ism.ac.j 0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

必要があれば、nslookupでIPアドレスに変換する

>  nslookup cisco7 

Server:         133.58.101.21

Address:        133.58.101.21#53

 

Name:   cisco7.ism.ac.jp

Address: 133.58.9.99

Name:   cisco7.ism.ac.jp

Address: 133.58.101.99

(例:ここまで)

■注意

ただ、コマンドで設定した場合は、再起動後設定内容が破棄されてしまいます。

永続的に設定したければ、/etc/sysconfig/networkもしくは、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0に設定します。

エディタで/etc/sysconfig/networkを開き以下を追加

GATEWAY=***.***.***.***

また、GATEWAYを有効にするインターフェースを指定する場合は、以下のように記入します。

この例では、eth0にGATEWAYを指定します。

GATEWAYDEV=eth0

ただ、マシンに複数のネットワークインターフェイスを持っている場合は、インターフェイス別に設定すること お推めします。

設定方法は、IPアドレスの設定を見て下さい。

/etc/sysconfig/networkを変更した場合は、設定を反映されるため、以下のコマンドを発行してください。

/etc/rc.d/init.d/network restart