データ同化研究開発センター

Research and Development Center for Data Assimilation

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home メンバー
メンバー

樋口知之

データ同化研究開発センター長
統計数理研究所長/モデリング研究系 教授

専門はベイジアンモデリング。理論解析やシミュレーション計算のような順問題的アプローチと、統計科学や機械学習のような逆問題的アプローチの両方に優れた人材を世の中に送り出すことで、社会に貢献したいと思っています。

ホームページ

 

田村義保

データ同化研究開発センター 副センター長
統計数理研究所 副所長/モデリング研究系 教授

専門は時系列解析や計算統計学および乱数。「膜電位イメージングデータを解析し呼吸中枢を探る」等の時系列解析の応用研究や、シミュレーション等に必須の乱数を物理的手法を用いて発生する方法についての研究を行っています。

 

中野純司

モデリング研究系 教授・研究主幹

専門は計算機統計学、特に新しい計算機技術を利用した統計解析システムに興味があります。現在は、スーパーコンピュータ上の統計解析システムRにおける並列計算と大量データの可視化の研究に注力しています。

 

伊庭幸人

モデリング研究系教授

モンテカルロ法のベイズ統計,統計物理,非線形科学への応用に興味を持っています。マルコフ連鎖モンテカルロ法とベイズ統計に関する本を2冊書きました(1冊は共著)。科学や数理のさまざまな分野に興味があり,アルゴリズムという視点から,さまざまな分野の相互交流に役立ちたいと考えています。

 

上野玄太

モデリング研究系准教授

数値シミュレーションは手間も経験も時間も必要な上に、結果の確認や解釈も大変です。データ同化の方法を通じて、モデルを作ること、モデルを使って理解すること、大規模な計算を「軽く」行うこと、を考えています。

 

吉田 亮

モデリング研究系准教授

専門は生体生命情報学、システムズバイオロジー。最先端バイオテクノロジーが生み出す膨大な生命情報とバイオモデリング、そして統計科学が一体となった革新的なデータ解析パイプラインの創出に尽力します。

 

ホームページ

研究室のウェブサイト

 

中野慎也

モデリング研究系准教授

宇宙空間の中でも地球の磁場が行き届いている地球に近い領域,磁気圏を主な研究対象としています.人工衛星が多数飛んでいる磁気圏のグローバルかつダイナミックな姿を,データ同化によって明らかにすることを目標としています。

ホームページ

 

斎藤正也

データ同化研究開発センター特任准教授

ホームページ

 

Stephen Wu

データ同化研究開発センター 特任助教

ベイジアンモデリングの経験知を活かして、データ同化技術と最新モデリング方法の開発に頑張ります。応用対象は材料情報とバイオインフォマティクスです。

ホームページ

 

Guillaume Lambard

データ同化研究開発センター特任助教

 

鈴木香寿恵

データ同化研究開発センター特任研究員

専門は極域気象学、古気候学。南極氷床に積もった雪が氷となり、アイスコアとなって貯蔵される過程において氷と中に閉じ込められる気泡とで年代差が発生することに着目し、ベイズ型氷床年代補正モデルを構築して正確な年代軸を求め、古気候変動のメカニズムを解明することを目的とした研究を行っています。

ホームページ

 

有吉 雄哉

データ同化研究開発センター特任研究員

Researchmap

 



Home メンバー